時代劇映画「武蔵-むさし-」プレスリリース原稿文章や画像等をご自由にお使いください。コピー、転載、引用可。随時、情報や画像は更新します。 (2018年8月20日現在)

タイトル

「武蔵-むさし-」

お願い
表記は「武蔵-むさし-」です。
「武蔵」ではありません。必ず、-むさし-(全角のハイフンとひらがなと全角のハイフン)を含め「武蔵-むさし-」としてください。
役名は宮本武蔵ではなく、史実に基づいていますので、武蔵または新免武蔵と表記ください。

コピー

「なぜ、戦う?」
「本物の武蔵」
「なぜ、戦う? 史実に基づく本物の武蔵」

説 明

(30字)
史実に基づき「本物の武蔵」をリアルに描く本格正統時代劇映画。

(50字)
史実に基づき「本物の武蔵」を、オールロケ、リアルな殺陣、十二名の豪華俳優陣で描く本格正統時代劇映画。

(80字)
史実に基づき「本物の武蔵」を、オールロケ、リアルな殺陣、十二名の豪華俳優陣で描く本格正統時代劇映画。
監督は「蠢動-しゅんどう-」で国内外で大絶賛された三上康雄。

(100字)
史実に基づき巌流島の決闘にいたる「本物の武蔵」と武蔵に関わる人物達を描く。
オールロケ、リアルな殺陣、十二名の豪華俳優陣の本格正統時代劇映画。
監督は「蠢動-しゅんどう-」で国内外で大絶賛された三上康雄。

(148字)
史実に基づき「本物の武蔵」と武蔵に関わる人物たちを描く。
佐々木小次郎との巌流島の決闘にいたるまでのすべての 武蔵の戦いと、それぞれの人物の生きざまと正義が複層するストーリー。
監督は、海外12カ国でも絶賛された「蠢動-しゅんどう-」の三上康雄。
オールロケによる徹底したリアルな映像の本格正統時代劇映画。

(199字)
史実に基づくオリジナルストーリーで「本物の武蔵」と武蔵に関わる人物たちの生きざまと正義を描く。
武蔵と、吉岡清十郎、吉岡伝七郎、吉岡一門との一乗寺下がり松、鎖鎌の宍戸、十字槍の道栄、そして、佐々木小次郎との巌流島の決闘の殺陣と真実。
十二名の豪華俳優陣による緊迫感あふれる重厚な物語。
監督は「蠢動-しゅんどう-」で国内外で大絶賛された三上康雄。
オールロケによる徹底したリアルな映像の本格正統時代劇映画。

(249字)
史実に基づくオリジナルストーリーで「本物の武蔵」と武蔵に関わる人物たちを描く作品。
武蔵と、吉岡清十郎、吉岡伝七郎、吉岡一門との一乗寺下がり松、鎖鎌の宍戸、十字槍の道栄、そして、佐々木小次郎との巌流島の決闘の殺陣と真実。
歴史のうねりのなか、十二名にも及ぶ主要登場人物それぞれの生きざまと正義が複層する緊迫感あふれる重厚なストーリー。
脚本、監督は、時代劇映画ファンに圧倒的な支持を受け、海外12カ国でも絶賛された「蠢動-しゅんどう-」の三上康雄。
オールロケによる徹底したリアルな映像の本格正統時代劇映画。

ものがたり

(98字)
武蔵、二十一歳。京流・吉岡家に挑む。清十郎、伝七郎、一門との一乗寺下がり松での熾烈な戦い。
小次郎は細川家の剣術指南に。雌雄を決する武蔵と小次郎。そして、多くの人が戦いの激流にまきこまれいく。

(197字)
幼き頃、父に徹底的に鍛えられた武蔵。二十一歳、剣術の名門、吉岡家に挑むため、京に来た。 当主、吉岡清十郎との試合のつもりが、弟の伝七郎、そして、一門数十名との一乗寺下がり松での決闘と熾烈な戦いを繰りひろげることになる。 その頃、細川家の重臣、沢村大学は、京の愛宕山で佐々木小次郎と出会う。
武蔵は鎖鎌の宍戸、槍の道栄とも戦う。
そして、ついには、細川家の剣術指南となった小次郎と雌雄を決することとなる。

脚本・監督・編集

三上 康雄

監督・三上康雄について

2013年、時代劇映画「蠢動-しゅんどう-」でハワイやダラス等の国際映画祭出品、世界12カ国公開。日本映画監督協会新人賞ノミネート。
重厚な演出、リアルな殺陣、オールロケで、国内外の圧倒的支持の本格正統時代劇映画の旗手。

製作会社

株式会社 三上康雄事務所

公式サイト

https://www.musashi-movie.jp

エンドロール表記

配 役(登場順)
新免武蔵 …… 細田 善彦
吉岡七左衛門 …… 清水 綋治
吉岡清十郎 …… 原田 龍二
大島直治 …… 木之元 亮
沢村大学 …… 目黒 祐樹
板倉勝重 …… 中原 丈雄
吉岡伝七郎 …… 武智 健二
吟 …… 遠藤 久美子
長岡興長 …… 半田 健人
太木慧道 …… 若林 豪
ユキ …… 水野 真紀
     ・
佐々木小次郎 …… 松平 健

公開表記

主な出演者
細田善彦 松平健 目黒祐樹 水野真紀 若林豪 中原丈雄 清水綋治 原田龍二 遠藤久美子 武智健二 半田健人 木之元亮

または

細田善彦(新免武蔵) 松平健(佐々木小次郎)
目黒祐樹(細川家・沢村大学) 水野真紀(小次郎の妻・ユキ)
若林豪(禅僧・太木慧道) 中原丈雄(所司代・板倉勝重)
清水綋治(吉岡七左衛門) 原田龍二(吉岡清十郎)
遠藤久美子(武蔵の姉・吟) 武智健二(吉岡伝七郎)
半田健人(細川家・長岡興長) 木之元亮(吉岡家・大島直治)

お願い
1.上記12名が主要登場人物で、主演です。
群像劇ですので、エンドロールも登場順です。
単独の主演はいませんので、○○主演、○○と○○主演等の表記はお控えください。
○○役の○○でお願いします。
2.上記出演者の役では、太木と大島を除いて、すべて実在の人物です。
3.史実に基づいていますので、吉川英治氏作の「宮本武蔵」とは名前が異なります。
( )内は吉川英治氏作「宮本武蔵」より)
新免武蔵(宮本武蔵) 吉岡七左衛門(吉岡源左衛門)  吉岡亦七郎(吉岡源次郎) 宍戸(宍戸梅軒)  道栄(阿厳)

公開時期

海外映画祭出品後、
2019年初夏全国ロードショー
(公開月日が決定しだい公表します)

スペック

2K・DCP (4K撮影)
ビスタサイズ
5.1ch
120分
2019年/日本

海外用タイトル

МUSASHI

著作権表記

Ⓒ 2019 三上康雄事務所

製作(兼 制作)

株式会社 三上康雄事務所
〒659-0053 兵庫県芦屋市松浜町3-15 TEL. 0797-35-8880

(制作協力会社やキャスティング事務所はありません。すべて、三上康雄事務所の責任制作です)

国内配給

アークエンタテインメント株式会社 (担当 : 坂上、木原)
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-15-2 新神田ビル3F TEL. 03-3525-4455

海外配給

東映株式会社 (担当 : 高田、篠崎、屋舗)
〒104-8108 東京都中央区銀座3-2-17 東映会館5F TEL. 03-3535-7621

国内宣伝

株式会社 PRリンク (担当 : 神崎)
〒541-0045 大阪市中央区道修町3-4-11 新芝川ビル5F  TEL. 06-4963-2650

ポスプロ

株式会社 松竹映像センター (担当 : 古谷)
〒135-0091 東京都港区台場2-3-5 台場ガーデンシティビル7F TEL. 03-6758-0240

ティーザーチラシ・画像

ティーザーチラシ・画像1

ティーザーチラシ・画像2

ティーザーチラシ・画像3

お願い
ティーザー画像です。メインビジュアル等をアップしましたら、入れ替えをお願いします。

バナー

バナー画像

468×70

<a href="https://musashi-movie.jp/"><img src="https://musashi-movie.jp/banner/bnr_468.jpg" width="468" height="70" alt="武蔵-むさし-バナー" /></a>